2018年4月1日より宅建業者様は「インスペクション(建物状況調査)」の意向確認が義務付け開始となります。

2018年4月1日より宅建業者様は「インスペクション(建物状況調査)」の意向確認が義務付け開始となります。

2018年4月1日より宅建業者様は「インスペクション(建物状況調査)」の

意向確認が義務付け開始となります。

2018年4月1日より宅建業者様は中古住宅取引の際に「インスペクション(建物状況調査)」の意向確認が義務付け開始となります。

具体的には、媒介契約時、売買契約前のに建物がホームインスペクションを受けた履歴があるか?実施する意向はあるか?を確認、実施意向がある場合はインスペクションを実施することが義務付けとなりました。

建物診断(ホームインスペクション)とは?

住宅の専門家が第三者の立場で客観的に住宅の状態を評価するサービスです。
基本的に目視調査が基本(一次的インスペクション:非破壊検査)となりますが、調査対象物件に何らかの不具合や劣化症状等が発見された場合には、修繕や補修のため、更に詳細の検査を受ける必要(二次的インスペクション:破壊調査)があります。
つまりホームインスペクションとは、目視による非破壊調査により対象物件の状態を詳しく調べることを目的としています。

ドローンを使用したインスペクション低コスト化

東輝リノベーションズでは専門技術者を派遣し、最先端のドローン技術を用いたスピーディーかつ低コストな外壁診断が可能です。
目視しずらい場所、調査範囲の広い何棟とあるマンション等をドローンによる空撮にて効率的に調査いたします。
詳しくは東輝リノベーションズまでお問い合わせください。